体脂肪の平均と計算方法

体脂肪の平均と計算方法

体脂肪を計算方法というのは、実はとっても手順が複雑です。

 

よく「体脂肪の計算方法」といって、BMI値の計算式が紹介されていますが、体脂肪率とBMI値はまったく別のものです。

 

BMI値

 

体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))で計算される値で、肥満度をみるためのものです。

 

18.5未満で「やせ」、18.5以上25未満で「標準」、 25以上30未満で「肥満」、30以上で「高度肥満」
ということになっています。

 

数値自体が体脂肪率として現れる範囲の数値と似ているからかもしれませんが体脂肪率の計算方法といってBMI値の計算式を掲載しているサイトが少なからずあります。

 

このBMI値も「なんとなく参考」程度の正確性しかありません。

 

赤ちゃんや中高年がこの式で計算すると、とんでもないことになったりします。

 

 

 

 

話を体脂肪率に戻しますね。

 

 

 

 

 

体脂肪率の計算式というと「キャリパー法」というものがあります。

 

キャリパー(皮下脂肪厚計)という器具を使って、皮下脂肪の厚みをはかり、その値をもとに体脂肪率を計算するというものです。

 

体表面積(?)=72.46×身長の0.725乗×体重の0.425乗
係数X=皮下脂肪厚合計(o)×体表面積(cu)÷10000÷体重(kg)×100
身体密度(D)=1.0923−0.000514]
体脂肪率(%)=(4.570/D−4.142)×100

 

どうでしょう・・・・・頑張って計算してみて下さい・・・
そして、キャリパー法は、体脂肪厚をはかるところからスタートするので、測定する箇所のずれ、測定員の技術、によって大きく誤差が出る可能性があります。

 

 

タニタの体重計でよくないですか?

 

どうしても正確に体脂肪率を知りたい場合はMRがいちばんなんだとか。