ジョギングは20分以上やらないと無駄?脂肪燃焼に必要な時間

有酸素運動は5分でもいい

ジョギングをするときによく言われている、「20分以上は走らないと脂肪は燃えない」「有酸素運動は30分続けないと意味がない」というもの

 

ずっと以前から言われているこの話。最近では間違いだと言われています。

 

 

運動を始めた直後は、糖質がエネルギーとして使われていくんですね。でもこのとき、一応脂肪もエネルギーとして使われているそうなんですよ。ただ割合がちょぴっとっていうだけで。

 

で、走るじゃないですか。10分、20分、そうすると、その割合が変化していくんですって。

 

はじめは糖質メインだったのが、だんだん糖質の割合は減って行って、その分脂肪が使われる割合がおおきくなってくる。

 

20分もたつと、脂肪から分解される遊離脂肪酸。これがどんどん使われるようになってくるんですね。だから、効率的に脂肪を燃やすっていう点からいうと「20分以上続けないと脂肪は減らないよ」っていう話になったそうです。

 

でもこの20分とか、30分とかいう時間。

 

これ自体、いまでは細切れでもOK、っていう意見が主流になってるんです。朝10分、昼10分、夕方10分。こんな感じでも全然OK。ちゃんと脂肪は燃えてるよーっていう。

 

仕事がのってるときなんかは、30分でもまとまった時間をとるのが難しかったりするじゃないですか。でも空き時間でチョコチョコーでもいいんですよ。

 

 

毎日やってたら挫折する?

 

ある会社がジョギングをやったことのある人378人を対象に調査したところ、「毎日」とか「2日に1回」とか頑張っていた人ほど、途中で挫折しやすい傾向があった、という結果がでているそうです。

 

無理のない範囲でやる方が、という話だったんですが・・これってどうなんでしょうね。

 

毎日ジョギングをしていた、という人がどれくらいの期間つづけていたのかというのが気になるところです。

 

たとえば、何か今までにやってなかた新しいことを始めると、人間はストレスを感じることがわかっています。恒常性維持と言われるもので、急な変化は危険だと本能が訴える働きですね。

 

反対に、21日以上何かを続けると、それが習慣になって、毎日やるのが当たり前という風に感じるそうです。

 

 

毎日ジョギングをやって、1か月くらい継続できたら、もう習慣になってしまうっていう訳なんです。

 

はじめから無理のない程度に・・とか言っちゃうよりは、毎日頑張った方がいいと思うんですが、どうでしょうか。