夜トマトダイエットのやり方と効果

夜トマトダイエット、やり方のポイント

数年前からでしょうか、夜トマトダイエットがブームになりました。

 

ダイエットに効果がある食べ物、をあげていくと、やっぱりトマトはダイエットにいいようです。

 

 

トマトに含まれるダイエット成分「リコピン」

 

高い抗酸化作用をもつといわれる成分ですね。このリコピンはトマトの赤い色素のもとで「カロテノイド」の一種なんです。

 

夏の強い紫外線からトマトを守る役割をもっていて、まあ強いわけです。

 

抗酸化作用について少し説明しますね。

 

たとえば、物が錆びるのと同じで、人間の体の中も錆びるんですね。体の中でエネルギーをつくるために、呼吸して空気を吸います。その中の21%は酸素なんですけど、エネルギーを作るのに使われなかったもの、余ったものは酸化するんです。で、その錆びた部分って、どんどん広がるんですよ。

 

その、「体の中の錆び」を抑えるのが「抗酸化作用」といわれるものです。

 

アンチエイジングでは必ずでてくるワードですよね。

 

 

さて、話を戻しましょう。

 

抗酸化作用の高い食べ物をいつも取り入れていると、白髪やシミ、しわなどを予防したり、生活習慣病の予防になると言われています。

 

トマトのリコピンが注目されているのは、食品の中でも抗酸化作用がとても強いからです。

 

「トマトが赤くなると医者が青くなる」っていう諺まであるくらいですから。

 

 

じゃあ、このリコピン、ダイエットと何の関係があるの?って話ですよね。

 

夜にトマトを食べるとリコピンの働きで、血液の中の毒素がでて、サラサラになるワケですよ。血液の流れをよくする。

 

これはダイエットにはとても大事なことで、代謝がよくなるんですね。寝ているあいだ、朝までに消費されるカロリーを増やしてくれます。

 

ポイントは、よく加熱してから食べること。

 

 

トマト自体は、ほかの夏野菜と同じように、体を冷やす働きを持っています。そのまま食べると体温が下がりますから、熱を加えてから食べましょう。

 

 

食べる量は1日2個

 

トマトダイエットのために推奨されているトマトの量は、1日1個から2個。ミニトマトなら15個くらい。

 

ホールトマトなら1缶・・・・・結構多いですよね。

 

それなりに覚悟が必要です(笑)リコピンを習慣的にとる、ということを考えたら、サプリメントの方が簡単でしょうね。夜トマトダイエットが注目されるようになってから、リコピンのサプリもたくさんでてますから。金額的にもサプリのほうが安くすむんじゃないでしょうか。

 

ダイエットとアンチエイジング、その両方に役立つリコピン、気にかけてみてください。